HOME > ものづくりをお考えですか? > 豊富な設備・工法インフラ

デザイン支援

2D又は3D-CADで樹脂部品を設計いたします。

  • 構造解析(CAE)
  • CAD/CAM

モデル作成

光造形、真空注型、切削によるモデル製作をいたします。

  • 光成形モデル
  • 超微細切削加工機

金型加工機

コンカレントエンジニアリングによる試作金型製作をいたします。

  • ワイヤーカット加工機
  • 放電加工機
  • マシニングセンター
  • NCフライス

成形

豊富な機器により、材料特性を熟練した技術者がサポートいたします。

  • 高速成形機
  • 汎用成形機(最大850t)
  • 2色成形機
  • 竪型成形機

二次加工

接着、溶着、塗装印刷、レーザーマーキング、レーザー溶着など、豊富な機材を揃えております。

  • 電磁誘導加熱圧入機
  • レーザーマーキング
  • レーザー溶着機
  • 超音波溶着機

部品評価

寸法精度、表面粗さ、非接触三次元測定、歯車のJIS精度評価など、あらゆる評価に対応できます。

  • タリロンド(真円度測定器)
  • オート グラフ
  • 無響箱&ギア騒音測定器
  • JIS歯型測定器

弊社が独自に開発した評価技術です。

デジタル画像相関法によるひずみ測定

プラスチック成形品に発生する「ひずみ」を正確に把握することは、プラスチック製品の寿命予測や故障解析をするうえで重要なプロセスと考えられます。「ひずみ」を実測する一般的な方法としては、ひずみゲージによる方法がありますが、「ひずみ」の分布状況が把握し難いなどの問題点があります。今回ご紹介する「デジタル画像相関法によるひずみ測定」は、成形品の表面に施したランダムパターン(斑模様)を、成形品が負荷を受ける前後でデジタル画像として取り込み、解析処理することで「ひずみ」の分布状況を可視化することが可能になります。

  • ギアのかみ合い
  • インサート成形品
  • 容器内圧負荷
  • シャフト圧入
応用展開

実際の成形品の「ひずみ」が測定できることにより、例えば以下のような応用展開が可能になります。

  • CAE解析では予測困難な、複雑な形状をもった成形品の破壊寿命予測への応用
  • 製品の故障解析への応用
  • 破壊原因究明‥破壊に至るまでの変形分布、ひずみ分布の可視化
  • 変形原因究明‥収縮率分布の可視化→反り変形原因部位の特定

工法インフラ

弊社が独自に開発した工法です。

射出成形技術による金属樹脂の複合化

Quick-10TMとは

金型温度を200℃以上にすることで、形成時に未処理インサート金属表面に樹脂複合化させると共に、金型に特殊構造を設け、金型コントロールを短時間で達成することで成形サイクルの短縮を実現。
密着させる金属種は多岐に及ぶメリットがあるが、金型構造や成形サイクルの管理が複雑になる。