よくあるご相談事例

試作・成形

・インサート成形したいが、竪型成形機が無い
・高い金型温度(140℃)で成形したいが、高温仕様の温調機が無くて困っている
・社内の成形機は量産に使用していて、試作品成形に時間が取れない

成形技能士が、最適成形設備で、対応します!

社内の成形部門(量産工場)では時間的な余裕が無く、思うような試作テストが行えない、最適な成形機が無い、などのお困りの点はありませんか?

試作成形は単なる試作品づくりの場合もありますが、成形性検討を目的とし成形条件を細かく変更してサンプリングしたり、成形状態を細かく評価することもあります。 また、特性の大きく異なる成形用樹脂材料を各種準備し、何日間もテストすることもあります。

●ハイレベルな成形技能者●
形だけ確認できればOKなどという試作成形は比較的少なく、寸法精度、反り変形、外観、その他の品質面から、成形サイクル、成形安定性に至るまで多くのことを考慮しながら成形することが一般的です。
これらの成形を最適に行うためには、高い技能と関連知識を保持した成形技能士が欠かせません。樹脂材料メーカーであることによる材料情報・ノウハウ、更には実践で鍛えた金型関連知識などをフルに活用し、 対応いたします。お客様のご要望、部品使用環境、スペックと量産性を考慮した取組み提案を行います。

●成形機・付帯設備●
25ton〜850tonまで、一般の横型成形機からインサート成形用の竪型成形機、GAI/ガスインジェクション、DSI/ダイスライドインジェクション、射出圧縮成形、局部加圧成形、急加熱冷却成形法など、各種成形のご要望にお答えします。また、温調機も、加圧水型の高温仕様機(MAX140℃)を標準とし、油媒体温調機、ヒーター方式にも対応します。ホットランナーコントローラーも各種取り揃えています。

PLAMOSでは、単にお客様より提示された条件で成形するのみではなく、製品の用途・スペックと試験目的を考慮した効率的試験方法を計画し、対応いたします。